9月も後半です

月日の経つのははやいです。前回中国深センの記事を投稿して1か月以上経ってしまいました。

丸紅FWのスタッフになんと、東海高校後輩がいて、びっくりしました。そんな話で終了にする予定が、容量オーバーで持越しになりました。深セン空港でわけのわからない手のポーズですが、東海の校章が白菜みたいだ、ということで白菜のポーズが世代差か?合っていません。

8月は夏GONAの測定もありました。小学生のサッカー選手とアルティメット(中学生以上も)。

猛暑の疲れでしょうか、こんな風景が・・

果てには、直コーチもお疲れでした。

さて、9月に入り、日本整形外科スポーツ医学会@徳島が7~9日で開催(日本体力医学会@福井と重なり、筒井、前道はそちらへ)。徳島駅からは離れた会場の近くのホテルを探して、不思議なたいよう農園というホテルに宿泊。食堂の名前は「赤字食堂」、赤字覚悟でという意味でしょう。野菜たっぷりのメニューは健康的でした。部屋も必要なものは揃っていて、1泊5000円しない!

学会では、w大の両K先生にもお会いしました。雨が多く、やっと最終日の朝ランニングし、その後標高290mの眉山に登りました。ロープウェイもありますが、そこは体育系ですから神社の横の登山道を。最初は石段でした。まあ、ちょちょいのちょい、という気分で登りました。

暫くすると、急斜面に。雨も降り出して、ちょっときついな。すると100mの道標が。100/290来たのかもね。

また、雨にもめげずに斜面を登ると、200/290と信じていました。

また、暫く頑張ると、300も400も、なんなんだ?ついに600Mの道標が。つまり、これは高度ではなかったということ、子どもでもわかりますね。表情の変化に注目、驚きと諦めが現われて。

でも、まもなく頂上でした。天気が小雨で曇った景色ですが、でも驚きの眺めです!

復路は雨も降っていたので滑落するわけにはいかず、ロープウェイで降りました。

そして、1週間後は院生合宿でした。初日夜は関野氏の誕生会も。翌朝は恒例のランニング。実は起床したら雨で、どうしようかと悩んでいたら、競走部OGの堀が「これぐらいの雨なら朝練はありましたよ!」と、これに元気づけられ全員参加で山岳コースを走破。

院生諸氏は昼前に2台の車で帰り、私は2日間残り合宿生活を堪能しました。朝練では行こうとしたコースが猿の群れに阻まれ、コース変更。でも、15度は快適でした。

雲で浅間も隠れていましたが、準高所トレーニングは楽しめました。

そして、また1週間が過ぎて、本日は札幌でした。木々も紅葉が始まっていました。鳥居は変わらず、といっても今年度初めて(かな?)長そでシャツで行きました。

明日は日本靴医学会、前道の発表です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です