卒論提出

こんばんは.

図は図として貼り付けない派の飯塚です.

さて,本日13日はそう,卒論提出日でした!
(例年第3木曜ですが,今年はカレンダーの関係で少しはやめ)

今年度の4年生は20期生であり,5名おります.
1名,来年に提出することとなっていたため,今回の正規卒論生は4名でした.

卒論生4名に院生8人ということで,
昨年にくらべるとカオス感はなかったですね.

今年の4年生の特徴は,,,,「焦らない」ですかね.
まぁ焦る必要もないのですが,終始マイペースに書き上げた気がします.

4人が揃ったのもかなりレア.提出日前日になってやっと??というくらいか感じで揃いました笑

鳥居先生も最終チェックします.

そして完成第1号は渡邊.
テーマは「スプリント走時のキネマティクスと下肢の筋柔軟性との関係」

続いて森重.
テーマは「バスケットボール選手における下腿の筋腱形態とドロップジャンプパフォーマンスの関係」

第2号と思われていた春木は3番手.
テーマは「テーピングによる足関節可動域制限が足関節角度変位と疾走動作時のパフォーマンスに与える影響」

そして小さなトラブルも重なり,3人から少し遅れて加藤.
テーマは「学のスポーツ医科学クリニックにおけるスポーツ損傷調査と陸上競技選手のハムストリング肉離れについての検討」

結果的に4人共前日の夕方には製本が終わり,前日前夜は卒論生ゼロという快挙を成し遂げてくれました.

みなさん,お疲れ様でした!!!

次は年明けの発表会ですね.

発表会は1月22日(火)の2限を予定しております.
乞うご期待.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です